痔の症状、予防と治療・対処法について基礎知識を解説します。

結さつ切除術(半閉鎖法)とは

>>> これは便利!旅行先や外出先であのTOTO製の携帯用ウォシュレット!

中度~重度の内痔核に適用されます。普通、結さつ切除術では痔核につながる血管をしばり、痔核部分とその外側の皮膚を切除します。に日本では最も一般的に行われている手術です。

従来では痔核切除後、傷口は縫合しませんでしたが、傷の治りを早くするために半分だけ縫合する「半閉鎖」や、全く縫合しないケースもあります。

手術で使用する糸は術後3~6週間で自然に溶けるので、抜糸の必要もありません。
痔核は肛門内に3箇所、できていることが多くありますが、通常この3個の同時切除を行います。

下半身のみの麻酔を行うことが多く、術後の安静が求められます。そのため1~2週間入院することが必要になります。手術自体は30分程度で終了します。

手術の場合、ほぼ完治が見込めますが、どうしても術後の痛みが出てきます。

この痛みはだいたい我慢できるような痛みといいますが、こ人によってはかなり痛むこともあるようです。そのために、痔の結さつ切除術の手術をためらわせている原因の1つともいえるでしょう。

以下に結さつ切除術(半閉鎖法)のメリット、デメリットについてまとめておきます。
◆メリット
1)あらゆるタイプの痔核に適用できる
2)字の根治が見込める

◆デメリット
1)入院が長期になることがある(1~2週間)
2)手術後に患部の出血や痛みをともなうケースがある


1日1分、「あるトレーニング」をするだけなのです。
誰にも知られることなく痔が改善される!
そんな方法があります。ある痔治療の第一人者が
「手術や薬を一切使わず、 短期間で痔を改善できる」方法を初公開中!

>>> 1日1分のあるトレーニングで、『手術なしで痔を改善させる方法』【痔獄からの解放】の詳細はこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

  1. PPH法とは
  2. 半導体レーザー療法とは
  3. 注射療法とは
  4. ゴム輪結さつ法とは

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 結さつ切除術(半閉鎖法)とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gooside.biz/mt/mt-tb.cgi/108


RSS2.0