痔の症状、予防と治療・対処法について基礎知識を解説します。

注射療法とは

>>> これは便利!旅行先や外出先であのTOTO製の携帯用ウォシュレット!

出血や脱出を伴う内痔核に有効です。古くから行われており、手術ではない外科的治療法になります。

これまでは痔の脱出や出血を伴う重度の内痔核で、保存療法で改善がないときに「切除する」手術が一般に行われてきました。最近では手術技術が進歩しておりますが、人間の体を一部とはいえ切除するので、どうしても手術後の痛みを感じる患者さんが多かったようです。

◆日帰り手術が可能です。(痛みが少ないメリットも)
注射療法は痛みを感じない内痔核に注射、「傷口からの出血」もなく、「痛み」もほとんどありません。進行していない内痔核に有効で、刺激性の薬品を内痔核に注入します。従来はフェノールアーモンド油という薬剤が一般に使用されてました。

注)フェノールアーモンド油は以下のメリットがあります。
1)止血に有効
2)効果1~2年、
3)肛門を傷つけにくい、
4)痛みが少ない
      

注射療法では患部を炎症、硬化させ、痔核を縮小させます。

神経の通っていない直腸部に注射するため麻酔は必要ありません。入院期間が2~5日と短く、医療機関によっては日帰りのところもあります。また、痔核そのものを消滅させる効果が少ないので、進行した痔核にはこの治療は向きません。

最近では「ALTA療法(硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸注射薬)」が注目され、亜症状が改善されてます。

ALTA療法のメリットは、以下があげられます。

1)痔核に流れ込む血液量を減らす
2)痔核を暖めて、筋層に癒着、固定
3)痔核が肛門から脱出しなくなる
4)時間の経過で痔核が小さくなる

ふかふかで気持ちの良い低反発ウレタンがお尻をやさしく包みます
体重が分散するので長時間のデスクワークにも最適
「お医者さんの円座クッション」




1日1分、「あるトレーニング」をするだけなのです。
誰にも知られることなく痔が改善される!
そんな方法があります。ある痔治療の第一人者が
「手術や薬を一切使わず、 短期間で痔を改善できる」方法を初公開中!

>>> 1日1分のあるトレーニングで、『手術なしで痔を改善させる方法』【痔獄からの解放】の詳細はこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

  1. PPH法とは
  2. 半導体レーザー療法とは
  3. 結さつ切除術(半閉鎖法)とは
  4. ゴム輪結さつ法とは

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 注射療法とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gooside.biz/mt/mt-tb.cgi/107


RSS2.0