痔の症状、予防と治療・対処法について基礎知識を解説します。

痔の予防

スポンサードリンク

痔核と裂肛には入浴が効果的です

痔を予防する上で排便を正常に保つ食事や生活習慣が大切になります。先にも触れましたが、便秘や下痢は痔の大きな原因となりす。食物繊維が豊富な食品を多く取るなど、快便を維持できるようにいつも心掛けておきましょう。

日常生活でも立ちっぱなしや座りっぱなしなど、長時問同じ姿勢でいると血行を妨げるため、たまに軽い運動を心がけるようにしましょう。また、香辛料などの刺激物やアルコールがお好きな方でもその取り過ぎにも注意しましょう。

1)便秘の予防のために、排便反射の強い朝食をしっかりとる
2)食間に水分をしっかりとる
3)芋類を多く摂る、できれば毎日が望ましい
(善玉の腸内細菌を増やす)
4)ヨーグルト、牛乳、バナナ、海藻類、コンニャク、卯の花などの食物繊維を多く含むものを
増やして食べる努力をする
5)できれば毎日入浴する
 ⇒入浴には肛門を清潔にし、お尻を温める効果があります。

ただし、痔ろうの場合で化膿しているときには温めるのは逆効果のため厳禁ですので注意しましょう。また、「肛門からの出血を切れ痔だ」と早合点も禁物です。実は直腸がんや大腸がんだったりするケースも意外に多くあります。

出血のある場合は切れ痔だけでなくがんも疑ってみましょう。がんのケースでは、黒っぽい血が出たり、残便感があります。いずれにしても、自分で判断せずに早期に専門医で診察を受けることが重要です。大便の回数は1日1~2回が目安です。多過ぎるのもよくありません。便の太さはバナナくらい、固さも練り歯磨き粉くらいを目安にするといいでしょう。

おなじ痔といっても暖めるか、否かと対処法は大きく代わってきます。「お尻が痛いから、温めておこう」といった自己判断のみに頼るのは絶対に避けましょう。


痔のおすすめの円座クッション

痔のおすすめの円座クッションがあり、結構口コミで評判が広がっています。円座クッションとはどういうものでしょうか?座るときに激痛が走るという痔もちの人も多いようです。最近では、ドーナッツのような丸い形のしたクッションがあるのをご存知でしょうか?

痔や腫れ物などにも優しい座り心地、出産後・床ずれ予防などのさまざまな痛みにも最適です。

中央に穴があいたドーナツ型の円座クッションで、お尻に無理な力がかかりにくく、お尻全体をやさしく包み込むような感触です。おしりの形に合わせて変形する、つきたてのお餅のような弾力性、ふかふかで気持ちの良い円座クッションです。

体重を分散し、腰の安定を図る「お医者さんの円座クッション」
低反発のウレタンフォームがゆっくり確実に体の重心をとらえ、骨盤に負担が少なく、疲れにくいので、長時間のデスクワークでも快適に過ごせます。

痔の治療には高さが5センチくらいの円座タイプのものがいいそうだとありましたが、円座のタイプの製品だといかにも痔専用という感じでいる方も、多いでしょう。

実際に車で使うクッションなどはドーナッツ型にする方法がいいのでは?という悩んでいる人も思いつたりするでしょう?

円型の痔のタイプの製品は嫌だという人はきっと通勤などで、どうしても運転しなければならないので、クッションを見られたりした場合には、恥ずかしいという思いがあるのでしょう。また、見られたくない場合はカモフラージュとして薄いクッションを円形の製品の上に置くこともできるでしょう。

痔だとばれたくない人にもいろいろな商品が取り揃えてあるようですよ。外側のカバーは普通のタイプの座るものがあったりするので、探せば重宝できそうなものが見つかります。

痛くて座ってられないというケースも、生地があまり薄い製品の場合はある人も多いようです。またできるだけ、低反発の製品のほうがいいでしょう。

ただし、駐車場に停めてある車の窓から会社の駐車場で、痔用のクッションが見えたりするとすごく恥ずかしいですよね。あまり無理をせずに治療後は運転をして、早く症状がよくなることを祈っています。

ただし注意事項としては実際のところ、治療後「運転は長時間の場合避けるように」ということがすすめられますが、なかなか行うのは難しいという人も多いでしょう?

つきたてのお餅のような弾力性、ふかふかで気持ちの良い低反発ウレタン
体重が分散するので長時間のデスクワークにも最適
背もたれにすると姿勢の矯正にも
各界のトップアスリートが信奉する平石先生とクリニックのスタッフが生み出した
「お医者さんの円座クッション」

ふかふかで気持ちの良い低反発ウレタンがお尻をやさしく包みます
体重が分散するので長時間のデスクワークにも最適
「お医者さんの円座クッション」





スポンサードリンク

Page: 1

RSS2.0