痔の症状、予防と治療・対処法について基礎知識を解説します。

いまや3人に1人は痔病持ちといわれます

>>> これは便利!旅行先や外出先であのTOTO製の携帯用ウォシュレット!

多忙な現代社会ではストレスも多く多くのひとが、痔を患っています。痔の相談は人に言いにくいものですね。最近の調査では、なんと日本人の3人に1人が「痔の患者」であるといわれています。私たち目木人の3人に1人が患っているという痔は、もはや「国民病」と呼んでもいい病気といえるでしょう。

場所が場所だけに人に相談もしにくいので悪化する場合も痔の場合多いようです。

以前は患者の男女比率はおよそ3対1で男性によく見られましたが、最近では男性1.2に対して女性1という比率まで接近しています。女性でも患者が急増しているのが実態です。場所が場所だけに、なかなか人に相談しにくいし、対処法も大変でしょう。

やはり女性の社会進出がすすんで、ストレスの多くなっていることや、過剰なダイエットで栄養のバランスがくずれたり、食物繊維の不足した食事や不規則な食事時間なども影響しているようです。

相談するのも恥ずかしい...と考えているうちに痔はどんどん悪化していきます。多くの痔の患者の悩みは多様ですが、そのまま放置することもできません。痔はある段階を過ぎると、治療が大事になるケースも多々あります。痔のケースによってもいろがろ治療法も異なります。素人判断せずに肛門に痛みや違和戚を覚えたら、迷わず専門医を受診されることをおすすめします。

ふかふかで気持ちの良い低反発ウレタンがお尻をやさしく包みます
体重が分散するので長時間のデスクワークにも最適
「お医者さんの円座クッション」



1日1分、「あるトレーニング」をするだけなのです。
誰にも知られることなく痔が改善される!
そんな方法があります。ある痔治療の第一人者が
「手術や薬を一切使わず、 短期間で痔を改善できる」方法を初公開中!

>>> 1日1分のあるトレーニングで、『手術なしで痔を改善させる方法』【痔獄からの解放】の詳細はこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

  1. 痔の種類とは
  2. 痔核は肛門のうっ血、裂肛は固い便により肛門が切れる
  3. 痔ろうは下痢や軟便が原因で引き起こされる
  4. 痔の予備軍になっていませんか?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いまや3人に1人は痔病持ちといわれます

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gooside.biz/mt/mt-tb.cgi/21


RSS2.0